ビジネス英語のメールの書き出しは日本人と感覚が違うのです

ビジネス英語 メール 書き出し

外国の会社を相手に仕事をするさい、ビジネス英語でメールを書く場合があります。
英語メールの書き出しには日本語のメールとは感覚が違うので注意しましょう。

 

英語の文章や会話には結論が先という文化があります。
日本語の文章はダラダラと前置きが長いケースもあります。
日本人の感覚で文章を書くと先方に違和感を与えてしまう事があります。

 

まず、英文メールの題名ですが、短くわかりやすい題名を付けましょう。
forを用いると便利です。
例えば何かの締め切りについて知らせたい場合はDeadline for~となります。また、なにかの招待の件の場合はInvitation for~です。

 

メールの書き出しですが、ビジネス英語でも始めての相手にメールを送る際は自己紹介から始めるのが一般的です。
My name is~ and I work at~(私は〜で、〜で働いています)というような文章が使えます。
ビジネスのやり取りで相手に、感謝の気持ちがある場合は書き出しに持ってきても良いでしょう。
例えば、Thank you very much for your help.(助けていただいてありがとうございます)などです。
他にも感謝を表す文章としてThank you以外にもI appreciate your response.(お返事をありがとうございます)などもあります。
英語のメールでは目的を始めに持ってくることが多いです。
例えばThe purpose of this e-mail is to〜などと書き出します。ビジネス英語は慣れるまでは失礼が無く、簡単な英文を使えるようになると良いでしょう。

 

>>英語をオンラインで学ぶならこちら