TOEICいきなり600は無謀?

TOEIC いきなり600

学校でも会社でもTOEICのスコアが重要になってきていますが、英語学習をはじめたばかりで、いきなり600点をたたきだすことは可能なのでしょうか。
TOEICの点数と語学レベルの関係を見ていくと、600点という数字はたいたい高校卒業程度の英語能力と言われています。
そのため、英語が苦手とする社会人であっても、実は高校の授業で一通り学んでいるのですから、それほど「無謀」と言えるスコアではありません。
いきなり600点を目標にするのは、むしろ適切なゴール設定になります。
ただし、今まで見てきたように高校程度の英語能力とはいっても、学校の授業と明らかに違うスキルをTOEICが試していることに気がつきます。
それが「リスニング」です。

 

大学センター試験でもリスニングは導入されていますが、TOEICではリスニングにおけるウエイトが大きいため、日本人にとってはスコアが伸びやむ原因の一つと言われています。
そのため、勉強方法としてはリスニングを重視していきます。
たとえば、オンライン英会話。オンライン英会話でリスニングを強化していきます。
この勉強方法であれば、リスニングはもちろんスピーキングのスキルも上げられますので、英会話の勉強方法にもうってつけです。
また、最近ではオンライン英会話といっても低価格で受けられるサイトも増えてきましたから、英会話スクールに通うよりも費用面でお得なのも魅力です。
いきなり600点は無理だろうと思っている方は、まずはリスニングの強化としてオンライン英会話をはじめてみてください。